ブラシ ブラシ専門 ブラシ販売 ヘアブラシ 洋服ブラシ 歯ブラシ メイクブラシ ボディブラシ その他ブラシ http://www.burashiya.com/
ブラシ トップページブラシを見るブラシのお支払い・配送についてブラシの平野の会社概要ブラシの平野の新着情報ブラシのお問い合わせブラシ カートを見る

ブラシの平野 支払方法も各種ご用意 10800円以上で送料無料!

キーワード

ブラシ 出展 販売 スケジュール
洋服ブラシ > 洋服ブラシ スタンダード白
商品詳細

洋服ブラシ スタンダード白



洋服ブラシ スタンダード白

バランスの取れた使いやすいフォルム。 コシのある豚毛がホコリを落とします。


柄にはアフリカ紫檀とも呼ばれるパーロッサ材を使用。
スーツやセーター・コートなどに。

サイズ 230
材質/パーロッサ・豚毛  9行

商品番号 A005
商品名 洋服ブラシ スタンダード白
販売価格 7,560円
税別価格 7,000円
生産地 日本
送料区分 送料別
配送タイプ ヤマト宅急便
在庫数

数量:



洋服ブラシでブラッシング ホコリだらけのスーツ・コート・セーターがきれいに生まれ変わる
クローゼットに洋服ブラシ たんすに洋服ブラシ 玄関に洋服ブラシ お出かけ前の身だしなみ
確かなブラシでブラッシング ホコリまみれの服もきれいに!





大切な洋服・着物のお手入れに

洋服・着物のお手入れはブラッシングが基本です。度重なる洗濯やドライクリーニングは服を傷めてしまいます。服を着るたびにブラッシングすればいつもキレイに保てます。

洋服ブラシの役目

洋服ブラシの役目は服のホコリを落とすだけと思われていますがそれだけではありません。服地の繊維を整えるのも大事な役目です。ホコリを落とした服地の繊維を整えて光沢のあるキレイな服になるのです。確かなブラシで正しいブラッシングをするとお気に入りの服もいつもキレイに保てるのです。

洋服ブラシの使い方

ブラシはこすって使うものではありません。ブラシをこするように使うとホコリが服地に絡んでしまうだけでなく服を傷めてしまいます。
正しいブラッシングは、「こすらずに払う」です。手首をまわしてサッと払うように使います。はじめに繊維のからみをブラシでよくほぐしてからホコリを払い飛ばすように使います。
こすらずに払うんです 正しいブラッシング
洋服ブラシ 使用方法 使い方 ブラッシング

洋服ブラシの選び方

洋服ブラシと呼ばれるものにはいろいろな種類があります。
起毛繊維を使用したエチケットブラシ、粘着テープを利用したもの、量販店などでみかける大量生産のもの、ホテルや旅館に備え付けの化学繊維のものなどがあります。
しかし大切なお洋服・お着物のお手入れをするには、やさしくホコリを落として服地の目をきめ細かく整え、静電気が起こりにくいブラシが良いでしょう。素材は静電気が起こりにくい天然獣毛(馬毛・豚毛)で、きめ細かくかつコシがあるもの、毛足は少し長めのものが使いやすいでしょう。お手持ちの服の中で最もデリケートなものにあわせてブラシを選べば、他の服を傷めることはありません。
従来は天然毛洋服ブラシといえば豚毛が主流でしたが、近年カシミアやアンゴラ、アルパカやビキューナなどのデリケートな服地が多くなり、やさしい馬毛のブラシが一般的になってきているようです。





※※必ずお読み下さい※※


洋服ブラシの使用方法解説

洋服の生地 繊維にからんだゴミ・ホコリ 洋服ブラシできれいにします

「洋服にゴミが付いている」とは「繊維にゴミがからみついている」ことなのです。これをキレイにするには先ず生地を逆立てて繊維をほぐすことが必要です。

洋服の生地 繊維をほぐしてホコリを出します 洋服ブラシでブラッシング

生地を逆立ててからんだ繊維をほぐします。それと同時に繊維にからんだゴミが表面に出てきます。この状態になるまで繊維をほぐしておくことが大切です。この行程が十分でないとゴミは取り除けません。

洋服のほこり ブラシでやさしく落とします。

表面に出たゴミをブラシで払います。きめ細かい無数の毛材が細かなゴミもすくい取るように取り除きます。ブラシは一定方向に払うように使いましょう。こするように使うと繊維を十分にほぐした意味が無くなってしまいます。

ブラッシングがお手入れの基本 洋服ブラシできれいに仕上げる ほんのりとした光沢

ゴミを取り除いたら服地全体をブラッシングします。一定方向に大きくゆったりとブラシを使います。きれいに整えられた生地はほんのりとした光沢を放ち上品な仕上がりになります。また表面の毛羽立ちが少ないため新たなゴミの付着を低減させます。




毛玉取りブラシとはちがいます!

毛玉がごっそり 毛玉取りのブラシ 便利だけど…

ガンコな毛玉を取り除く毛玉取りブラシ。確かに生地の表面の毛玉がごっそり取れて便利です。これはもともとクリーニング屋さんが裏で使っていたブラシです。毛玉のついたセーターがきれいに仕上がってくるのはこのブラシで毛玉を削り落としているからです。

毛玉をむしり取っています

しかし毛玉をそぎ落とすこの行為は繊維を無理やりむしり取ってしまうことなのです。毛玉とは繊維が摩擦によって引き出され互いに絡み合って玉状になったものです。もとは大切なお洋服の生地の一部です。ウール、カシミヤ、アルパカ、モヘアなど、大切な洋服の一部をむしり取っているのです。

生地を削ると傷んでしまいます

繊維をむしり取ったあとの生地はケバ立ってほつれた状態になります。この状態のまま放置するとホコリやゴミを拾いやすくなり、新たな毛玉を生じやすくします。毛玉が取れて一見きれいに見えますが生地は傷んでいます

大切なお洋服の生地が薄くなってしまいます

毛玉がごっそり取れた!ということは当然その洋服の生地が減ったということです。「毛玉を取ったら洋服が薄くなった!?」そんなご経験をお持ちの方が少なくないはずです。毛玉取りブラシを使って熱心に毛玉を取るとその分生地を削ってしまうのです。

ブラッシングは洋服のお手入れの基本です。
大切なお洋服には洋服ブラシをおすすめします。